投資トラブルに合ったときの相談先

| 未分類 |

投資にはリスクがつきものです。しかし不適切な勧誘や取引時の説明不足による損失については、証券会社などにしっかりとした対応をしてもらう必要があります。基本的に投資トラブルの相談については各社の専門窓口で受け付けています。しかしそこで満足のいく対応をしてもらえない場合には、いくつかの機関に申し立てることもできます。

 
主な対応機関としては証券・金融取引あっせん相談センター(通称FINMAC)や独立行政法人の国民生活センターなどがあります。

 
このうちFINMACでは顧客からの苦情申し立てを受け付けた後、その苦情を証券会社や金融機関に取り次いで話し合いでの解決を模索します。またFINMACによるあっせんを希望する場合は、あっせん申立書を提出し、申し立て金を納入することで、FINMACが選任する委員によるあっせん手続きを受けることができます。

 
上記に挙げたもの以外にも地方自治体や消費者生活センター、弁護士などが投資にまつわるトラブル解決に向けた支援にのりだしています。無料で話を聞いてくれるところも数多くありますので、投資に関するトラブルにあった際は一人で抱え込まずに、まず専門家の意見を聞いてみることが大切です。