リスクの分散とリターンについて

| 未分類 |

リスクを分散することによってリターンは小さくなります。

 

これは市場においては当然のことだと言えるでしょう。

 

例えば、一つの銘柄のみに投資をした場合を考えてみれば分かります。

 

一つの銘柄のみに投資をし、そしてそれが予想通りに株価が上昇した場合、投資した資金を効率良く増やすことができます。

 

しかし、もしも予想に反して下落した場合には大きな損失を発生させることになるでしょう。

 

破綻や上場廃止などの状態になると、取引ができなくなる事もあります。

 

分散をした場合、例えば100銘柄に投資をすれば、100銘柄のすべてが上昇しないと高いパフォーマンスを得る事はできません。

 

しかし、100銘柄が同時に下落する可能性は低いですから、資産を大きく毀損させる可能性を低くできると考えられるのです。

 

この意味では投資信託は優れていて、例えばTOPIXに連動する投資信託であれば、東証一部に上場しているすべての銘柄に投資をすることができますから、かなり効果を高めることができると考えられるのです。

 

安全に投資をしたいのか、それとも大きな利益を手にしたいのかは、トレードオフの関係にありますから、集中して投資をするべきかどうかは目的とする利益によって判断しましょう。