後悔しないために

| 未分類 |

株取引というのは、一見、簡単そうに思えます。というのは、コマーシャルをたくさん流しているような有名な会社、大企業の株を購入すればすぐに上がりそうですし、また、損をした場合でもそれほどマイナスにはならないようなイメージを持ちます。また、チャートを見て、右肩上がりで株価が上昇している銘柄を購入すれば簡単に勝てそうです。

 
しかし、そう簡単にではないのが株取引です。たとえば、誰でも知っているような大きな銀行の株価であっても、100円台というものがあります。銀行の株だから安心だと、もっと高い値段で買った人は、100円台だと売るに売れないでしょうし、後悔している人も少なくないでしょう。

 
そういったことを避けるためには、なんとなくという理由で株を買わないことです。株を買うルールを定めるといいでしょう。たとえば、一定の条件を決めて、その条件に合った銘柄だけを購入するのです。はっきりとしたルールに従って購入すれば、もし、思惑通りに値が上がらず、結局損をしても仕方がないと思えます。

 
また、売却時にも同じことが言えます。突然、値が下がったので怖くなって損切りをしたということを繰り返していると、手数料がたくさんかかって、その分損をしてしまいます。